頸部痛、腰痛、肩や膝など関節の痛み、骨折、捻挫、手足の外科など、あらゆる年齢層の整形外科疾患に対する治療を行います。
痛みや違和感がある場合は、お気軽にご相談ください。

整形外科一般について

 

痛疼が生じる疾患に対して、神経ブロック(麻酔薬などを用いた治療)による治療を中心に、理学療法や薬物療法を組み合わせ、患者さまの状態に合わせた治療を行います。
侵害受容性疼痛、神経障害性疼痛のほか、ストレスから生じる疼痛まで、身体のあらゆる箇所の痛みを診察し、介入的な治療を提供いたします。

ペインクリニック・整形外科 麻酔科について

 

骨粗鬆症の検査と治療、予防を目的とした外来です。当院では、X線骨密度測定装置、骨代謝マーカー測定により評価します。
骨粗鬆症は新薬や精密な検査方法が次々と開発されているため、患者さまの症状や進行度に応じた治療を選択できるようになりました。
投薬による治療のほか、運動療法、食事療法など寝たきり防止のために複数の組み合わせによる治療をご提案し、健康的な生活を維持できるようサポートいたします。

骨粗鬆症外来について

 

病気や怪我により、日常生活に支障をきたしている患者さまの機能向上を目的としたリハビリテーションを行います。
当院では、パワープレートを用いたコンディショニング、各種理学療法機器による治療、補助具や装具のご提案・処方を行い、動作の維持や改善をサポートいたします。

※病状・症状によっては、ご希望の治療方法に沿えない場合がございます
※介護保険によるデイケアや訪問リハビリを利用されている方は、制度上併用できませんのでご注意ください

リハビリテーション外来について

 

疲労による骨・関節の障害や骨折など、慢性的なスポーツ障害の治療を行います。
成長期のお子さまやアスリートに多い「使いすぎ症候群」は、原因の特定ができない、突発性な症状がみられないなど、本人が気づかないうちに症状が進行します。
身体への負荷が繰り返されることで発症するスポーツ障害は、トレーニング方法やフォームの改善、環境の見直しなど患者さまの状況により適切な治療方法を選択し、身体への負担を減らすプログラム作りが重要です。回復期のリハビリから運動充実、競技復帰への適切な処置を行えるよう、患者さまに寄り添った処置をいたします。

スポーツ障害について

 

歩行困難や、転倒・関節の痛みなど、身体の機能低下が起きる原因精査を行います。
問診後、レントゲン検診や血液検査、骨折の危険度検査、歩行速度測定を行い、転倒予防指導やリハビリテーション科での筋力トレーニング・歩行訓練を行います。足腰の痛みや、歩行に不安を抱えているかた、寝たきりなど将来の健康状態が不安なかたは、お気軽にご相談ください。

ロコモティブシンドロームについて